2014年 12月 23日

D750のフレアー問題に関して、

NikonRumorsで、取り上げている。国内ではあまり取り上げられていないようであるが、海外では既にD750の問題点として指摘がされているようだ。






要は、D750に関して撮影しているフレームの外から入ってくる光によって、画像にフレアーが発生するというもの。既にいくつかの検証というか実際に起きている画像等がFlicker等にアップされている。(リンク先の記事からたどれる)また、これが発生する要因もほぼ特定されてきたようでその内容が元記事にも掲載されているが、その元ネタはリンク先を見ての通り、ここすなわち、DpreviewのNikon FXフォーラムの掲示板である。既にこの問題のスレッドが起こされており、引用先はPartIIのスレッドとなっている。

あくまで、このリンク先の検証によると、これの発生する原因はリンク先記事の画像で矢印で記されているところで、赤い矢印のところに写っているものが入射光の内AFセンサーに反射した光が漏れている。その原因(=AFセンサーからの反射光が見えている原因)としては、AFセンサーのマウントされる位置が浅すぎて本来光を遮断するカーテンが仕切れていないからだとしている。そして更にこの光がシャッターフレームによって反射し影や、フレアを発生する原因を引き起こしているということのようだ。そして、これを回避する対策は、この原因を引き起こしている(=ミラーの前)箇所に反射しないテープ等でマスキングをしてしまうことだとある。(図に関しては、文中にあるようにリンク元の記事をご参照頂きたい)。ちなみに、このDpreviewのスレッドをざざっと読んだ印象としては、今回のこの問題の原因を呈示した事について冷静に議論が進んでいる。裏を返すとどうでもよい事をクレームのように取り上げて、、と言う論調では無い。尤も、レベル感としてこれが仕様の範囲なのか、いわゆる欠陥なのかの判断は出来ない。

ということで、あくまで与太るとすれば、、

ネットには色々な情報源、サイトはあるがDprevewのニコンフォーラムや、NikonRumorsと言うのは、WorldWideで見てもニコンユーザーに対して影響力の大きいサイトの一つと言えるのでは無いだろうか?ここで、かなりの議論が進んだ上で、それを裏付ける様な検証や画像なりが出てくると言う事であれば、(これを否定する事も含め)某かの反応はしておいた方が良いのではないかと思う。D600の欠陥そして、D610リリース後に中国や米国等で問題になったごたごたでニコンは痛い思いをしたはずだ。ここで、仮にこれが不具合だとして不具合がある旨発表するのも痛手ではあるが、万が一これをそのままにしてまた早々とD760が出て、海外で問題となり、、と言う事を繰り返してしまうと致命的なイメージダウンになりかねないと思う。

この件がどういう風に展開していくのか、気になるところだ。




by Hiro_Sakae_EX | 2014-12-23 15:15 | 001 ニコン関連の噂と与太


<< デジカメWatchで、      ついに来るのか、AF-S 30... >>